はつかいち発 起業支援プログラム しゃもじんキューブ

廿日市市のインキュベーション施設、もうすぐOPEN!「はつかいち」から始まる新しいビジネスチャンス。

しゃもじんキューブとは

事業目的

廿日市市の商工業活性化施策の一環として、市民の方などが自己の能力・技術・経験や地域資源を活用して挑戦する新たなビジネスを積極的に支援し、地域経済を活性化させ、地元雇用の拡大に繋がるコミュニティビジネスの創出に取り組むためのプロジェクトです。

ビジネス環境の提供並びに経営全般におけるサポートを継続的に行うことで、創業や事業化を支援します。しゃもじんキューブで初期のビジネスプランを熟成させ、事業化を図り、その後は地域に密着した起業家としてご活躍いただくことを目的としています。 しゃもじんキューブでは、そのための様々な支援体制を整えています。詳しくは「支援内容」をご覧ください。

また、創業に関するご相談も受け付けております。お気軽に廿日市商工会議所:振興課(0829-20-0021)までお問合せください。

商工業施策の基本方針

廿日市市の強みを活かす
県都広島市に隣接する人口集積都市
世界遺産・日本三景を有する国際的な歴史ある観光地
瀬戸内海から中国山地までの恵まれた農林水産品・伝統工芸品
国・県の産業支援機関や大学が近接
地元消費を伸ばす
市外流出している商業マネーの地元消費を促進
機会損失している観光マネーの消費額の拡大
地元雇用を伸ばす
雇用創出効果の高い製造業での雇用創出
退職シニアや女性等の経験やノウハウを活かした企業促進
地域性に対応する
都市部:退職シニアの急増に伴う受け皿づくり
中山間地域:人口減少・少子高齢化に伴う商業サービス強化
島しょ地域:継続する観光地としての磨き上げ

施設概要

廿日市市創業支援施設(通称:しゃもじん キューブ)

所在地
廿日市市本町5番1号 交流プラザ(廿日市市商工保健会館)1階の一部
建物(交流プラザ)概要
用途
1階は市民交流のための多目的ホール、2階は佐伯地区医師会事務所、3・4階は廿日市商工会議所事務所等
交通アクセス
廿日市ICから車で約10分、JR廿日市駅から徒歩約15分、広電廿日市市役所前から徒歩約5分
MAP
構造・設備等
a 鉄筋コンクリート(一部鉄骨)造地上4階建
b 来館者用共同駐車場約46台(駐輪場あり)
※施設入居者専用の駐車場はありません。
c 入退館可能時間は、午前8時30分から午後9時30分まで(12月28日から1月3日を除く。)
施設警備
a 開館時 警備員常駐
b 閉館時 機械警備
施設関連写真
■クリックで拡大画像をご覧いただけます。

募集に係る部屋等の仕様

部屋数 3室
月額使用料 8,000円
部屋面積 約5平方メートル
間取り図(PDFファイル)
室内備品 事務机、椅子、引き出し、事務用ロッカー
共用スペース 指導者用机、椅子、協議用テーブル、カラーコピー機、 共用備品収納ロッカー(各1)
その他
  • インターネット(光)・固定電話機接続可能(ただし、利用契約は入居者側で個別に行う必要があります。)
  • 各部屋の扉に鍵は付いていますが、機械警備はありません。
  • トイレは、建物1階にある共用トイレをご使用ください。
■クリックで拡大画像をご覧いただけます。
ページトップへ

Copyright © 2009 起業支援プログラム しゃもじんキューブ All Rights Reserved.